MENU

実家暮らしや同居人のいる環境でカードローンに契約してお金を借りる際、気になるのが郵送物の有無だと思います。カードローンを利用すると、明細などが自宅に送付される可能性があります。また申し込み書類、確認書類、カードローンを利用するためのカードなどが自宅に送られてくることもあるでしょう。しかしカードローン会社から郵送物が届くと家族にばれてしまうのでは、と不安に感じてしまう人も多いはずです。カードローンを利用すると、どんな郵送物が自宅に届くのでしょうか。

基本郵便物の送付なしが増えている

最近はウェブ完結のカードローン会社が増えてきました。ウェブ完結とは、申し込みに関わることを全てウェブのみで行えるという方法です。ウェブ上に必要な情報を入力して送信、身分証明書なども写真などに撮影して画像添付をするようになりました。その後の必要な連絡、借り入れ状況の明細などに関しても全てメールなどを経由して行われます。そのため郵便物の送付は基本的にはありません。

昔は必要書類の送付は郵送で、身分証明書も郵送でそのまま送ることが基本でした。カードローン会社に直接行って対面で申し込みをするときも、審査の結果や明細に関しては郵送されることが多かったのです。しかし最近は家族などに知られずに気軽に利用できるカードローンが増えてきたため、郵送物がなしのカードローン会社が増えたのでしょう。

ちなみにカードローンのカードの送付は無人契約機でも行うことができます。無人契約機でカードローンを申し込むと郵送物なしでの利用が可能であり、時間帯によってはその日にその場ですぐにカードを発行してもらうことができます。

基本的にカードローンのカードは郵送が多いですが、郵便物は一つも送ってきて欲しくないという人には無人契約機での作成をおすすめします。

ちなみに、カードローン会社からカードが送付されるときはカードローン会社の名前が記載されていないことがほとんどです。基本的にはサービスセンターや個人名、銀行関係のカードローンの場合は銀行名で届くことが多いでしょう。そのためパッと見ただけではカードローン会社からの郵送物だとは思いません。

円滑で郵送物なしでカードローンの利用ができるのが、無人契約機のメリットです。もし家族に知られたくない、郵送物を一つも送って欲しくない、という人は無人契約機を利用してください。また、申し込み時に郵送物はなしでとお願いをすれば対応してくれるはずです。